工事部
2014年入社


社会人の先輩としてのメッセージ

基本的には、会社は、これから長く務めることになると思います。
そのために、自分が内定をもらって嬉しい!と納得がいく企業や実際に自分が働いた姿を想定して本当に合っていると思える企業に出会えるまでは決してあきらめずに前向きな就職活動をしてください!

 1.当社に入社した動機・決め手は何ですか?


・特許工法や特殊工法があり、他社と差別化を図れていると感じました。実際に、会社説明会後に「凍結」を検索すると㈱大勇フリーズばかり出てきたのも非常に印象的でした。
・凍結工法の中でトップシェアを誇っていることと、安定した経営を行っていることにも魅力を感じました。

 2.会社に入って良かったと思うことは何ですか?


・先輩社員がとにかくいい人が多く、現場でも色々なことを教えてくれることです。
・入社のきっかけとなった、特許工法について技術力の高さを日々体感することが出来ることです。

 3.入社して一番苦しんだこと、それを乗り越えた経緯は?


入社してからの3か月間は、現場に出るためにみっちりと技術の練習や、業者様との打ち合わせをロールプレイングしていたので自信がありましたが、研修と現場が想像以上に異なっていました。
まず、現場監督と話した時に専門用語がたくさん出てきて、まともに話せず、監督も先輩ばかりに話をして悔しい思いをしました。この経験から分からない専門用語は帰りの車や、その日のうちに先輩に質問していき、少しずつ打ち合わせができるようになりました。
また、現場に入る前日中に、お客様に記入をしていただくオリジナルの現場チェックリストに必ず目を通し、分からないことがなくなってから現場に向かいます。

 4.仕事とプライベートのメリハリを持つ為の秘訣は何ですか?


プライベートを全力で遊びきることで、仕事とメリハリをつけています。仕事中に「遊びたい…」という雑念を1mmも思い出せないくらいに遊びます。

 5.休日はどのように過ごしていますか?


・友人と遊んだり、飲みに行きます。
・運転が好きなのでドライブで遠出も行きます。

 6.今後の目標や目指す姿は具体的にどのような人物像ですか?


直近1年の目標は、遠くの場所での施工を一人で任されるようになりたいです。また、大口径の施工にも携われるようになっていきたいと考えています。そのためにこの1年間は「1度言われたことは覚える」「現場では、特に集中する」「先輩がしてもらいたいことを真っ先に行動する」という3点を行っています。
3年後は、現場で1つ先のことを予測してテキパキと動ける人になりたいです。そのためには、次は何が起こるのか予測が必要なため、今からしていることは、まず知識量を蓄えるために「管にかかわる資格の取得」と「社内情報特にミスの情報を共有」することを行っています。