営業
2012年入社


社会人の先輩としてのメッセージ

学生から社会人になろうとしている皆さんの中にはきっと様々な不安や緊張に悩む方もいると思います。けれど、どんな立派な社長さんも初めは皆社会人一年目を経験しています。いきなりプロフェッショナルになるスポーツ選手もいません!これからの日々の積み重ね方次第で、「あなたのなりたい自分の姿」や「夢」に必ず手が届くはずです。人生は一度きり、これからの社会人生活を一緒に楽しみましょう!

 1.当社に入社した動機・決め手は何ですか?


人々の成果に欠かすことの出来ない社会インフラである「水道」業でありながら、少数精鋭で大きく売上を伸ばす企業成長力と、経営者の新しいことに挑戦しようとする精神に魅力を感じ転職を決意致しました。

 2.会社に入って良かったと思うことは何ですか?


全く未知の分野で営業職を担当するため、初めのうちは不安な場面もありましたが、上司や先輩方のサポートと、ある程度の裁量を与えて頂いたことで、自らの責任の元に仕事をこなすことが出来るという点にやり甲斐を覚えたことです。

 3.入社して一番苦しんだこと、それを乗り越えた経緯は?


会社の顔としてお客様と対峙するのが「営業」ですが、お褒めの言葉を頂くこともあれば、それ以上にお叱りの言葉を受けることも少なくありません。中には理不尽と感じざるをえないご意見もありましたが、全ては「自社(又は自分)の成長のために言って頂いている!」と感謝して受け止めるように心がけ、また努力するようになりました。

 4.仕事とプライベートのメリハリを持つ為の秘訣は何ですか?


タスクの期限とプライオリティ(優先順位)を決めて取り組むことです。例えば、「〇〇のプロジェクトが完了したら、絶品焼肉を食べに行く!」など、仕事に取り組むモチベーションを自らプライベートに絡めて設定する工夫をしたりしています。

 5.休日はどのように過ごしていますか?


(極力ですが、)部屋の掃除や洗濯など、仕事から帰った時に気持ちよく過ごせる環境作りをするよう心がけています。その他は仕事以外の友人や知人と会っていることが多いです。自分の知らない世界の話を聞いたり、新たな人脈を広げてゆくことで、リフレッシュしながら新たなアイデアを生み出すためのヒントや刺激をもらっています。(もちろん、ゆっくりお酒を飲むことも…)

 6.今後の目標や目指す姿は具体的にどのような人物像ですか?


絆を大切にし、仲間の成長を我がこと以上に喜べる人物、リーダーに憧れています。そのために、相手の話に耳だけではなく心を傾けて聴くように意識しています。自然と色々な人から相談され頼られる存在が当面の自分の目指すべき姿です。